「読書時間」を決めて一気に読むと、集中した読書ができる

積読が消化できない

  • 読みたい本を手に入れたはいいが積読(つんどく)状態になっている。
  • 読み始めてもなかなか思うように読書が進まない。

そんな時は、予め「読書時間」を決めておいてはいかがでしょうか。

本を読む時間を設定してみる

例えば

  1. 夜、寝る前の30分~1時間を読書の時間にあてる。
  2. 朝、いつもより早起きして本を読む。
  3. 休日一日を読書時間にあてる。

などなど。

「この時間に絶対本を読むんだ!」と決めてしまうと、案外読書に集中できたりするものです。

目標を設定するとなお読書が捗る

より良いのは「『この本』を読む、または読みきってしまう」と目標設定をすること。

休日を利用する「3」のような時間を大きく取れるケースに有効です。もちろん複数冊を準備してもOKですよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました